気になる!電子マネーの歴史

もっとお客さんを呼びたい!複数の電子マネーを簡単に導入しよう

電子マネーサービスが増えるにつれ、ユーザーは自分が使っている種類の電子マネーの種類が使えることを基準に、お店選びをすることが多くなってきています。
よって、お店側としても、複数の種類の電子マネーを使えるようにすることは、それだけ幅広いお客さんを呼び込めるということになり、メリットが大きくなっています。でもお店側としては、複数の電子マネーの使用を実現するには、各電子マネーサービスとの契約が必要となってしまいます。もちろん各サービスへの売上入金処理なども必要で、大変ですよね。
電子マネーによる客層を広げたいけれど契約や処理が大変なのは困る、というのはお店の悩みどころの一つです。そこで、主要な複数の電子マネーサービスが、わずか一台の端末で全て使用可能となるマルチ電子マネーシステムが注目されています。

幅広い電子マネーが使える便利なお店を目指そう

そこで、そうした契約業務も、入金などの精算処理も、端末を導入すれば、このマルチ電子マネーシステムサービス提供側が行ってくれるというのが大きなポイントだと言えます。
特別な工事も不要で、初期設定も簡単。据え置き型の、サイズ的にレジ周りに置ける端末さえ取り付ければ、もう複数の電子マネーが利用可能となるのです。
電子マネーの利用者が増えれば増えるほど、お店側としてはお釣りを渡す手間が省け、同時に釣銭渡しミスも防ぐことができます。他のお客さんにとっても、「レジに長時間並ぶ」というストレスが減るのは嬉しいものです。
また、電子マネーサービス提供各社が「弊社の電子マネーが使用可能になりました」として自分のお店も取り上げてくれるなど、広告宣伝という側面でも注目のシステムとなっています。

電子マネーを導入する時は地域によってシェアの差があるので、電子マネーを比較して導入したいものです。例えば沖縄ならEdyが普及しています、関東ならsuica、福岡ならnimocaと地域により差があります

© Copyright Unlimited Money.All Rights Reserved.