徹底比較!電子マネー決済の種類

前払い型でチャージをしてから利用

一般的な電子マネーは、事前に前払いをして電子マネーに入金させておく物が多いです。入金させるには、対応できるコンビニエンスストアのレジ等のチャージに対応できる所で入金したい金額の現金を用意し、電子マネーのカードやスマートフォンのアプリを端末にかざして電子マネーに換えます。利用した金額に応じて、相応のポイントが貯められるので、よく使う店舗に対応する電子マネーを持っているとお得に利用できます。買い物で貯めたポイントやクレジットカードやポイントサイトで貯めたポイントを電子マネーに交換するには、専用の端末から操作が必要になる場合もあるでしょう。
クレジットカードを保有している方であれば、電子マネーのサイトから設定して必要に応じてカードから直接入金させることも可能です。一部の電子マネーでは、銀行預金から直接チャージできることもありますし、デビットカードからのチャージも可能な場合があります。

後払い型の場合はクレジットカードが必要になる

前払いの電子マネーの場合は、必要な金額よりも多めに現金を用意する必要があるので、端数が出ることがあります。必要な金額を使って、後から支払えるタイプの後払い型の電子マネーもあり、端数が出るのが嫌な方はこちらを利用するのがおすすめです。クレジットカードで使った分を後払いすることになり、電子マネーではなく、クレジットカードのポイントが貯められることになります。できるだけ還元率の高いカードを利用するといいでしょう。
現状では電子マネーの利用額を立て替えて、後払いするので、クレジットカードと紐付けしている所が多いです。保有しているクレジットカードが対応している時には取得しやすいです。新たに取得するには審査に通る必要があるので、信用情報に不安のある方は難しいかもしれません。一部の電子マネーは、プリペイドカードやデビットカードにも順次対応する予定になっていますので、その後に取得を検討するといいでしょう。

電子マネーを導入してネットショッピングの決済の幅が広がります。銀行振込やクレカだけでは気軽に買えない人も、電子マネーの導入で気軽に買える場合があります。

© Copyright Unlimited Money.All Rights Reserved.