知っておきたい!電子マネーのメリット・デメリット

電子マネーの特徴について

電子マネーは、カードにお金を振り込むことで現金無しで商品を購入することができます。また、チャージした分だけの利用になりますので上限が設定されており、使いすぎを抑制できることがクレジットカードとの差です。必要に応じてお金を追加するならばチャージという作業を伴いますので、マンネリ化を防ぐことができます。万が一落としたとしてもリスクを最小限に抑えることができますし、チャージの上限額も設定できますので安心です。これにより、お釣りによる小銭で財布をパンパンに膨らませることがありませんし、会計も短時間で済ますことが可能です。クレジットカードともチャージで連携できますので、ポイント付与のメリットがあります。

電子マネーの注意点について

電子マネーは、いろいろなクレジットカード会社や商業施設が発行しています。したがって、クレジットカード会社であればクレジット機能が付いたカードを持たなければならないので、審査等が発生するため誰でも持てるわけではありません。商業施設が発行するものは電子マネーの機能しかなく、誰でも保有することができますが、限られた施設でしか利用することができませんのでカードをたくさん保有することになります。また、取り扱いに注意しなければ、お金を落とすことと同じ扱いになります。電波や磁気が強いところに保管したり、汚したり折ったりすることで金額のデータが消えてしまいます。これらに対して保証がありませんので注意が必要になります。

電子マネーの端末とはカードやスマートフォンなどのアプリを使用し現金をデータ化させる端末のことです。データ化された電子マネーはネットでの支払いや実店舗でのレジの支払いなどに利用できます。

© Copyright Unlimited Money.All Rights Reserved.